fbpx

Learning Resources

Get the Latest Stories' Trends in your Inbox

Blog

Fireworkとフラッグシップオーケストラがパートナーシップを締結

Rui Iwata
フラッグシップオーケストラがFireworkの販売パートナーとして導入を支援。またFireworkユーザー向けの特別動画制作パッケージも提供 ウェブストーリー プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を提供するLoop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)は、この度動画に関するトータル事業を行う、株式会社フラッグシップオーケストラ(本社:東京都品川区、代表取締役:大澤 穂高)とパートナーシップを締結しました。   ■Fireworkの販売パートナーとしてクライアントの動画活用を支援 Fireworkは、誰もが簡単にウェブストーリー(縦型動画)をウェブサイトに実装できるSaaSプロダクトです。特にECサイトでの活用実績が多く、サイト内のエンゲージメント向上に大きな成果を上げています。またShopify APPやLIVE配信機能など、EC事業者に役立つ機能にフォーカスして開発を進めています。 フラッグシップオーケストラは、多種多様な業界・規模の企業に対し、月間1,500本制作可能な格安・大量動画制作サービス「ムビラボ」を始め、動画広告サービス「ムビラボアド」、Web動画キャスティングサービス、オーダー型動画素材サービスなど、動画にまつわる全てのお悩み事を一挙に解決いたします。 本連携では、Fireworkのプラットフォームとフラッグシップオーケストラの動画サービスを掛け合わせ、クライアントに対してより効果的な動画マーケティングサービスを提供してまいります。   ■Fireworkユーザー向けの特別パッケージを提供 本パートナーシップ提携に合わせて、Fireworkのユーザーは、フラッグシップオーケストラによる特別な動画制作パッケージをご利用いただけるようになります。 多くの企業では、動画制作に関する知見やスキル、予算不足が、動画の効果的な活用の障壁となっています。本パッケージでは、こうした課題を解決すべく、最安で1本あたり20,000円台の費用で、縦型のショート動画の制作を提供します。 また、より多様なニーズにお応えできるように、編集のみのプランから、撮影〜編集、モデルやスタジオの料金を含めたオプションまで幅広く対応しております。   [caption id="attachment_11599" align="aligncenter" width="800"] 縦型ショート動画の制作例[/caption]   ■企業情報 -Firework(Loop Now Technologies, Inc.)…
Read more

Fireworkが媒体社向けパブリッシングプラットフォーム「dino」提供のリボルバーと連携。媒体社向けCMS「dino」でもFireworkが簡単に導入可能へ

Rui Iwata
スピーディかつ低コストでオウンドメディア構築から運営をサポートする『dino』と、最先端の動画マーケティングプラットフォーム『Firework』の連携により最新鋭のウェブサイト動画DX化ソリューションを提供 Loop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)が提供する動画マーケティングプラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」は、この度株式会社リボルバー(本社:東京都、代表取締役CEO:小川浩)が運営するパブリッシングプラットフォーム「dino」との機能連携及び営業連携を開始いたしました。   ■背景:媒体社・オウンドメディアにもリッチなユーザー体験を  Fireworkは、誰もが簡単にウェブストーリー(縦型動画)をウェブサイトに実装できるSaaSプロダクトです。スマホで撮影した動画や、写真を簡単にFirework上で編集・制作し、即日で自社サイトやメディアに動画を配信することが可能です。さらに、動画をベースにEコマースや広告配信を行いマネタイズをすることも可能となっております。 「dino」が抱える多くのオウンドメディア、デジタルメディアに対し、縦型動画を活用した新しいウェブメディアの形を提案、提供します。また、導入や運用サポートもFireworkとリボルバーが一体となり行なってまいります。   ■連携内容詳細:dinoを活用する企業にFireworkの導入サポートを提供 今回の機能・サポート連携の詳細は下記の通り。 dino経由でFireworkのビジネスアカウントを取得する Fireworkの編集ツールを活用し、新規動画の編集・作成を行う dinoの編集画面から、埋め込み機能を使って、Fireworkの動画ストーリーユニットを配置する                       動画の撮影・制作もFireworkの編集ツールを活用し、簡単に行うことができます。さらに、取材中に撮影した動画をそのまま記事内に埋め込むことも可能になります。 これにより、よりリッチなコンテンツフォーマットで読者に情報を届けることが可能になり、ユーザー体験を向上させます。    …
Read more

「もっとドコモ!!」がユーザーエンゲージメント向上のためFireworkを導入

Rui Iwata
安価な導入コストと、PVや動画再生数向上による自社サービスの浸透促進が決め手   この度Loop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)は、提供するウェブストーリー プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井伊 基之)が運営するウェブサイト「もっとドコモ!!」に導入しました。   ■導入背景   ドコモの製品やサービスを楽しく紹介し、お客さまにドコモをもっと知ってもらうためのウェブサイト「もっとドコモ!!」では、スマホネイティブの若年層に向けて、情報発信およびリーチを向上させたいと考えていました。 これまでの横型動画を使った情報発信では、ターゲット層のエンゲージメントを向上させることが困難であることを認識しながらも、機能改善にかかる多額のコストにより、具体的な改善が進められていない状況でした。 そこで、安価な導入費用・実装の容易さを決め手として、ウェブストーリー(縦型動画)プラットフォーム「Firework」の導入を決定。導入決定から動画の作成を含めてわずか1ヶ月でサイト上に実装を完了。縦型動画を活用していくことによって、若年層に向けた成果の向上に大きな期待を寄せています。   [caption id="attachment_11265" align="aligncenter" width="400"] 「もっとドコモ!!」サイトでのFireworkの導入イメージ[/caption]   ■今後の活用   今後は、モバイルに適した縦型のフォーマットを生かした動画を制作し、サイト滞在時間や動画再生数といったユーザーエンゲージメントを高める施策を継続しつつ、同社における他サービスにおける導入も視野において検証を続けていく予定です。 「本来、サイトのストーリー機能は、自前での開発を行うと人・時間・費用観点でそれなりの資源が必要になりますが、Fireworkは見事にそれを解決してくれました。ドコモはFacebook、TikTok、Twitterのアカウントも運用しています。中央集権型、自立分散型のそれぞれの特性を活かし、ブランド向上および、サイトパフォーマンス改善を通じ、普段利用されているお客さまにとって引き続きより良い体験を提供できるように努めていきたいと考えています」 - 加藤 祥晃(DOCOMO Innovations, Inc.…
Read more
en_USUS