5 Reasons Publishers should take Google Web Stories Seriously!

Firework

Yesterday, we kicked off our series on educating publications and publishers on Google’s Accelerated Mobile Pages (AMP) Web Stories. While we dug deeper into what Google AMP Stories mean for businesses, for our second post here’s five simple reasons all publishers should take Google AMP seriously. 

GERMANY – OCTOBER 29: Man in front of a display with the website of the internet search engine Google. (Photo by Ulrich Baumgarten via Getty Images)

What is Google’s Accelerated Mobile Pages (AMP) Project? 

Two years ago, Google, the world’s pre-eminent technology behemoth, kicked off an open-source HTML  technology framework — Accelerated Mobile Pages — aimed at “near instantaneous loading, multi-platform content distribution, that will eventually lead to placement on Google mobile properties,” and offering an alternative to closed-platform news dissemination formats, Apple News and Facebook Instant Articles. 

So far, so good. If mobile engagement because of near instantaneous fast-loading mobile pages is your goal, then you have found the right technology. Visual storytelling is the ultimate goal for the AMP Project, and this results in three distinct areas that Google AMP wishes to innovate around: 

  • AMP Websites 
  • Web Stories 
  • AMP Ads 
  • AMP Email 

In addition, there are three big audiences for Google AMP — businesses, products and publishers — for starters. As you can tell from our mission, here at Firework, we are solely focused on evangelizing with publishers, brands and creators, the power of an open web that we share with Google. And we believe that the most compelling way to do that is through Web Stories. 

Five Reasons Publishers should take Google AMP seriously!

Last week, we covered why businesses and brands should take Google AMP seriously, and today we talk through 5 reasons Publishers should take Google AMP seriously. As we’d covered earlier, leading innovative Publishers, including CNN, Washington Post, and National Geographic continue to experiment with Google AMP with inventive results.

If your publication is dabbling in modern storytelling media, we’d highly recommend that you give Google AMP Web Stories a try, and here’s a few good reasons why:  

  1. Publishers are the original Storytellers: More than brands or marketers, publishers have been the original storytellers across the web. Since its inception most stories have been article-first, until recently. This is the first major leap in innovation where publishers can present stories in a multi-media format that will engage better with your readers! 
  2. Images are more compelling than text: The most compelling way to reach your audience is through visuals, more than text. Google AMP technology, levels the playing field for all publishers making it trivial to craft compelling visual stories with just your in-house team’s existing expertise.
  3. Modern Audiences Gravitate to Video: As millions of younger readers and subscribers have grown up to a native mobile video experience on their favorite social media platforms, they expect the same engagement in their news. Here’s a few examples of Google AMP Web Stories built by Vice, Lonely Planet, Refinery 29, among others. Google AMP Web Stories gives any publisher the chance to create their own Snapchat or TikTok on their primary publishing website.  
  4. Innovation matters: Most of today’s modern publishers like the New York Times experiment with the latest tools in storytelling. The three biggest reasons for any publisher to experiment is to create an immersive storytelling experience for your readers that is both fast and open-web. Not only does Web Stories get you in front of a whole new audience segment that’s growing faster than any traditional readership, but it also gets publishers to have a conversation with them on their terms, making this a win-win-win for everyone on your team. 
  5. Mobile Rules EngagementGoogle has been our primary source of finding information through Search, but with mobile’s dominance these last few years, social media has become the first place a younger demographic gets their information.  Enter Google AMP Stories. Web Stories are the easiest way any publisher can build a native mobile video presence across the web, using AMP technology that’s as easy as copy-paste for your developers, within your existing content framework, whether it’s video or photography. 
    1. Engagement > Readership > Subscriptions: As publishers innovate with business models, increased engagement will result because native video stories increases the engagement of your readership. It levels the playing field between text-only publications to now adopt a presence in short videos on the open web. 

We will continue sharing a more in-depth look at how to embrace Google’s new AMP technology for publishers, and in the meanwhile, If you’d like to learn more, as a publisher on why Web Stories matter, check out our recent coverage here, and here

To Learn More about Web Stories & Storytelling: 

We’d love to hear from you on topics you’d love to hear about on modern publishing. Feel free to leave us  a comment or say “Hi” on LinkedIn @fireworkhq.

Fireworkとフラッグシップオーケストラがパートナーシップを締結
Rui Iwata
フラッグシップオーケストラがFireworkの販売パートナーとして導入を支援。またFireworkユーザー向けの特別動画制作パッケージも提供 ウェブストーリー プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を提供するLoop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)は、この度動画に関するトータル事業を行う、株式会社フラッグシップオーケストラ(本社:東京都品川区、代表取締役:大澤 穂高)とパートナーシップを締結しました。   ■Fireworkの販売パートナーとしてクライアントの動画活用を支援 Fireworkは、誰もが簡単にウェブストーリー(縦型動画)をウェブサイトに実装できるSaaSプロダクトです。特にECサイトでの活用実績が多く、サイト内のエンゲージメント向上に大きな成果を上げています。またShopify APPやLIVE配信機能など、EC事業者に役立つ機能にフォーカスして開発を進めています。 フラッグシップオーケストラは、多種多様な業界・規模の企業に対し、月間1,500本制作可能な格安・大量動画制作サービス「ムビラボ」を始め、動画広告サービス「ムビラボアド」、Web動画キャスティングサービス、オーダー型動画素材サービスなど、動画にまつわる全てのお悩み事を一挙に解決いたします。 本連携では、Fireworkのプラットフォームとフラッグシップオーケストラの動画サービスを掛け合わせ、クライアントに対してより効果的な動画マーケティングサービスを提供してまいります。   ■Fireworkユーザー向けの特別パッケージを提供…
Fireworkが媒体社向けパブリッシングプラットフォーム「dino」提供のリボルバーと連携。媒体社向けCMS「dino」でもFireworkが簡単に導入可能へ
Rui Iwata
スピーディかつ低コストでオウンドメディア構築から運営をサポートする『dino』と、最先端の動画マーケティングプラットフォーム『Firework』の連携により最新鋭のウェブサイト動画DX化ソリューションを提供 Loop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)が提供する動画マーケティングプラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」は、この度株式会社リボルバー(本社:東京都、代表取締役CEO:小川浩)が運営するパブリッシングプラットフォーム「dino」との機能連携及び営業連携を開始いたしました。   ■背景:媒体社・オウンドメディアにもリッチなユーザー体験を  Fireworkは、誰もが簡単にウェブストーリー(縦型動画)をウェブサイトに実装できるSaaSプロダクトです。スマホで撮影した動画や、写真を簡単にFirework上で編集・制作し、即日で自社サイトやメディアに動画を配信することが可能です。さらに、動画をベースにEコマースや広告配信を行いマネタイズをすることも可能となっております。 「dino」が抱える多くのオウンドメディア、デジタルメディアに対し、縦型動画を活用した新しいウェブメディアの形を提案、提供します。また、導入や運用サポートもFireworkとリボルバーが一体となり行なってまいります。   ■連携内容詳細:dinoを活用する企業にFireworkの導入サポートを提供 今回の機能・サポート連携の詳細は下記の通り。 dino経由でFireworkのビジネスアカウントを取得する Fireworkの編集ツールを活用し、新規動画の編集・作成を行う dinoの編集画面から、埋め込み機能を使って、Fireworkの動画ストーリーユニットを配置する…
「もっとドコモ!!」がユーザーエンゲージメント向上のためFireworkを導入
Rui Iwata
安価な導入コストと、PVや動画再生数向上による自社サービスの浸透促進が決め手   この度Loop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)は、提供するウェブストーリー プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井伊 基之)が運営するウェブサイト「もっとドコモ!!」に導入しました。   ■導入背景   ドコモの製品やサービスを楽しく紹介し、お客さまにドコモをもっと知ってもらうためのウェブサイト「もっとドコモ!!」では、スマホネイティブの若年層に向けて、情報発信およびリーチを向上させたいと考えていました。 これまでの横型動画を使った情報発信では、ターゲット層のエンゲージメントを向上させることが困難であることを認識しながらも、機能改善にかかる多額のコストにより、具体的な改善が進められていない状況でした。 そこで、安価な導入費用・実装の容易さを決め手として、ウェブストーリー(縦型動画)プラットフォーム「Firework」の導入を決定。導入決定から動画の作成を含めてわずか1ヶ月でサイト上に実装を完了。縦型動画を活用していくことによって、若年層に向けた成果の向上に大きな期待を寄せています。  …
【アフターレポート】D2CブランドがFireworkのライブコマースを使ってみた
Rui Iwata
こんにちは。Fireworkの岩田です。 2021年6月25日に開催したウェビナーのアフターレポートとして、ウェビナーの一部内容を二回にわたってお伝えします。本記事は、次回は、第二部:D2CブランドがFireworkのライブコマースを使ってみたです。第一部:ライブコマースの最新トレンドと成功法則はこちらから。 また、下記より、ウェビナーの模様をアーカイブでご覧いただけます。 下記ハイライト動画をご覧いただき、本編も視聴頂ける場合は動画内のリンクをクリックしてお進みください。   ウェビナー登壇者紹介 株式会社フロアスタンダード D2C事業部 (YOU TOKYO) 青木 真菜さま ミウラタクヤ商店店主 三浦 卓也さま  …
Live shopping event attracts 40,000 views in just one hour
SunilNair
The walled gardens of Instagram, Youtube, and Amazon Live yield less than a thousand attendees…
Subscribe to our Blog
-->