30 Second Storytelling: 5 ways to tell a Web Story

Firework

Web stories are a great way to supplement a publisher brand’s existing coverage and reporting with a modern visual storytelling medium that allows you to tell a compelling story in under 30 seconds. 

Here are five simple ways to do that if you’re just starting out with a cohesive Stories strategy. 

Step 1: Never bury the lede, lead with it! 

With shorter attention spans, it’s imperative that you grab the viewers’ attention the very second your video opens. Research suggests that 56% of most business videos are less than 2 minutes long, but the most effective in terms of storytelling and engagement are < 30 seconds long, roughly the duration of an elevator pitch. Instagram, for example, sees the highest engagement in terms of comments, views and likes for videos that are between 15 and 30 seconds long.  

Think of your short video strategy as an elevator pitch for the biggest stories you churn out from your publication each day or week. 

Step 2: Build high quality short videos to capture most attention 

Most importantly, always remember the cardinal rule of broadcasting applies here as well: Never Be Boring. Use short videos as an opportunity to amplify your most engaging news segments on the evening news or your most popular articles of the day, for example. 

Engagement is the name of the game. 

One of the biggest media brands, the Wall Street Journal periodically posts visual stories and the biggest highlights from its long-form stories on platforms like Snapchat; investigative reporting published in its news version. While staying on brand yet targeted towards the youth audience, that finds itself most on visual platforms like Instagram and TikTok.  

Step 3: Create tomorrow’s breaking news with humor, keep it short and snackable  

There is no harm in sticking to your core brand aesthetic like the Wall Street Journal does, but if you’re a more consumer media brand, like USA Today, you might want to create a “Daily Show” version of your news tailored better to social media’s core youth demographic. 

Even a serious brand, like Harvard Business Review, takes the job of adapting their research content albeit with some levity, to their presence on social media. The upside is that younger audiences, who might have been intimidated to experience their brand on their website, might take an interest if they receive HBR’s content on one of the leading social media platforms. They might view their content on Snapchat Discover and understand what makes HBR, the brand valuable, for them. 

Just the tappable-swipeable format alone, does a lot in making your content way more accessible to a demographic that has grown up on the iPhone and not a Macintosh, or reading the newspaper. 

Step 4: Create a formula, caption and repeat 

The power of every news and media outlet is your brand. Much like HBO’s opening synth or the CNN news chyron, think of this as an opportunity for your publication and brand to create your own formula using this brand new media format. 

Whether it’s adapting your media outlet’s most exciting local TV news, or using captions to tell a more effective story, your readers will come to expect that brand formula in the short video content you create. Every nuanced choice you make for your short video segments, will reiterate the overarching brand of your media strategy in subtle ways. 

Step 5: Above all, create a conversation and leave on a high note! 

Let’s not forget, News is all about engendering a conversation. 

Remember that news triggers interest, video is more engaging than text and short video is the most compelling format. So while you start with your lede, you need to make it snappy and unforgettable with your viewer compelled to engage with your call to action. An Instagram Story, for example, can lead your audience back to a news article on your website. 

If your conversation stops when your video stops, you should change the tone of your news vehicle to be open-ended and relevant to your audience. 

— 

Yet again, we’ll be back with unique ways for publishers, creators and brands to embrace the constraints posed by 30 second storytelling on social media platforms like Snapchat Discover and Instagram Reels.  Bookmark this post, or sign up to our email newsletter to receive similar tips in your inbox.

Fireworkとフラッグシップオーケストラがパートナーシップを締結
Rui Iwata
フラッグシップオーケストラがFireworkの販売パートナーとして導入を支援。またFireworkユーザー向けの特別動画制作パッケージも提供 ウェブストーリー プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を提供するLoop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)は、この度動画に関するトータル事業を行う、株式会社フラッグシップオーケストラ(本社:東京都品川区、代表取締役:大澤 穂高)とパートナーシップを締結しました。   ■Fireworkの販売パートナーとしてクライアントの動画活用を支援 Fireworkは、誰もが簡単にウェブストーリー(縦型動画)をウェブサイトに実装できるSaaSプロダクトです。特にECサイトでの活用実績が多く、サイト内のエンゲージメント向上に大きな成果を上げています。またShopify APPやLIVE配信機能など、EC事業者に役立つ機能にフォーカスして開発を進めています。 フラッグシップオーケストラは、多種多様な業界・規模の企業に対し、月間1,500本制作可能な格安・大量動画制作サービス「ムビラボ」を始め、動画広告サービス「ムビラボアド」、Web動画キャスティングサービス、オーダー型動画素材サービスなど、動画にまつわる全てのお悩み事を一挙に解決いたします。 本連携では、Fireworkのプラットフォームとフラッグシップオーケストラの動画サービスを掛け合わせ、クライアントに対してより効果的な動画マーケティングサービスを提供してまいります。   ■Fireworkユーザー向けの特別パッケージを提供…
Fireworkが媒体社向けパブリッシングプラットフォーム「dino」提供のリボルバーと連携。媒体社向けCMS「dino」でもFireworkが簡単に導入可能へ
Rui Iwata
スピーディかつ低コストでオウンドメディア構築から運営をサポートする『dino』と、最先端の動画マーケティングプラットフォーム『Firework』の連携により最新鋭のウェブサイト動画DX化ソリューションを提供 Loop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)が提供する動画マーケティングプラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」は、この度株式会社リボルバー(本社:東京都、代表取締役CEO:小川浩)が運営するパブリッシングプラットフォーム「dino」との機能連携及び営業連携を開始いたしました。   ■背景:媒体社・オウンドメディアにもリッチなユーザー体験を  Fireworkは、誰もが簡単にウェブストーリー(縦型動画)をウェブサイトに実装できるSaaSプロダクトです。スマホで撮影した動画や、写真を簡単にFirework上で編集・制作し、即日で自社サイトやメディアに動画を配信することが可能です。さらに、動画をベースにEコマースや広告配信を行いマネタイズをすることも可能となっております。 「dino」が抱える多くのオウンドメディア、デジタルメディアに対し、縦型動画を活用した新しいウェブメディアの形を提案、提供します。また、導入や運用サポートもFireworkとリボルバーが一体となり行なってまいります。   ■連携内容詳細:dinoを活用する企業にFireworkの導入サポートを提供 今回の機能・サポート連携の詳細は下記の通り。 dino経由でFireworkのビジネスアカウントを取得する Fireworkの編集ツールを活用し、新規動画の編集・作成を行う dinoの編集画面から、埋め込み機能を使って、Fireworkの動画ストーリーユニットを配置する…
「もっとドコモ!!」がユーザーエンゲージメント向上のためFireworkを導入
Rui Iwata
安価な導入コストと、PVや動画再生数向上による自社サービスの浸透促進が決め手   この度Loop Now Technologies(本社:米シリコンバレー、CEO:Vincent Yang)は、提供するウェブストーリー プラットフォーム「Firework(ファイヤーワーク)」を株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井伊 基之)が運営するウェブサイト「もっとドコモ!!」に導入しました。   ■導入背景   ドコモの製品やサービスを楽しく紹介し、お客さまにドコモをもっと知ってもらうためのウェブサイト「もっとドコモ!!」では、スマホネイティブの若年層に向けて、情報発信およびリーチを向上させたいと考えていました。 これまでの横型動画を使った情報発信では、ターゲット層のエンゲージメントを向上させることが困難であることを認識しながらも、機能改善にかかる多額のコストにより、具体的な改善が進められていない状況でした。 そこで、安価な導入費用・実装の容易さを決め手として、ウェブストーリー(縦型動画)プラットフォーム「Firework」の導入を決定。導入決定から動画の作成を含めてわずか1ヶ月でサイト上に実装を完了。縦型動画を活用していくことによって、若年層に向けた成果の向上に大きな期待を寄せています。  …
【アフターレポート】D2CブランドがFireworkのライブコマースを使ってみた
Rui Iwata
こんにちは。Fireworkの岩田です。 2021年6月25日に開催したウェビナーのアフターレポートとして、ウェビナーの一部内容を二回にわたってお伝えします。本記事は、次回は、第二部:D2CブランドがFireworkのライブコマースを使ってみたです。第一部:ライブコマースの最新トレンドと成功法則はこちらから。 また、下記より、ウェビナーの模様をアーカイブでご覧いただけます。 下記ハイライト動画をご覧いただき、本編も視聴頂ける場合は動画内のリンクをクリックしてお進みください。   ウェビナー登壇者紹介 株式会社フロアスタンダード D2C事業部 (YOU TOKYO) 青木 真菜さま ミウラタクヤ商店店主 三浦 卓也さま  …
Live shopping event attracts 40,000 views in just one hour
SunilNair
The walled gardens of Instagram, Youtube, and Amazon Live yield less than a thousand attendees…
Subscribe to our Blog
-->